モコ、受難!

 

毎朝、 私は下の写真のように、

 

机の上でモコのブラッシングをしています。

 

 

 

 

 

モコが台の上を怖がるので、

 

いつもは さっさとブラッシングを始めるのですが、

 

この日は、たまたま電話がかかってきたので、

 

手帳を見ながら話をしていました。

 

 

 

その時です‼

 

「ピンポーン」インターホンが鳴りました。

 

ダスキンさんです。

 

 

 

モコはワンワンと吠えたかと思うと、

 

見境なく、慌てて台から飛び降りようとして大失敗‼

 

ドスンという音とともに床に落ちたのです。

 

重たい音にビックリして振り返る私と、ヤバイ表情のモコ⁉

 

 

骨折したかとヒヤッとしましたが、

 

そろそろと歩き出したのでやれやれ😥

 

もともと、あまり高い所の得意でないモコが、

 

7歳にして初めて挑戦、落っこちたのです。

 

それからはベッドから降りるのもビビってました。

 

 

 

 

 

 

 

4月に入って、近所のデザイン公園の桜が満開になりました。

 

うちから徒歩3、4分のところにあるので、毎日散歩しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンちゃん、久しぶりね!

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by steinway

山科にて

 

夫が自分の本の最終校正ができたのを

 

山科(京都)の出版社に持っていく、というので、

 

私もモコもついていくことにしました。

 

車で1時間半くらいです。

 

出版社には、午後3時の約束をしていましたが、

 

少し早めに行って、京都の「南禅寺」を散歩しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モコも嬉しくって興味津々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞJapan‼

 

 

 

 

 

 

 

私達はお昼ご飯、モコは車の中でお留守番。

 

南禅寺といえば湯豆腐ですが、

 

ちょっと面白いかな?と思って湯葉にしました。

 

お鍋の中の豆乳を煮て、上面にできる薄黄色の膜を

 

竹串ですくい取るのです。

 

思い通りにいかないところが、楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

山科疎水。

 

琵琶湖の水を京都に引いてくる水路です。

 

 

 

 

 

 

 

 

地元の有志が植えた菜の花、それと

 

桜と山とのコントラストが、のどかでいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして3時、夫は出版社の人と打ち合わせ。

 

 

 

モコ : あのね、哲ちゃん(夫)、この中に入って行ったの。

 

   モコは、ムッティと この辺りをブラブラ散歩。

 

 

 

 

 

 

コロナのため、早くに切り上げて帰ってきましたが、

 

ちょっとした息抜きになりました。

 

 

 

 

photo by steinway

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

このところ、コロナ疲れもあり、

 

またまたご無沙汰してしまいました!

 

 

皆さん、いかがお過ごしですか?

 

 

 

欧米は、大変なことになっていますね。

 

先日、イギリス在住の義姉とも電話で話しましたが、

 

イギリスも大変な様子です。

 

日本も今後どうなるか心配ですね。

 

 

 

私は、いつもの通り仕事や雑用はありますが、

 

とはいえ平穏に過ごしています。

 

 

 

先日、ノーベル賞受賞の山中教授がNHKの番組で

 

「コロナウィルスが一応おさまるまでには、1年はかかるだろう。

 

これは、誰にもわからないことですが。」

 

と言われていました。

 

勿論、誰にもわからないことですが、長期戦になりますね。

 

山中教授のお話で、私はある種の納得が行きました。

 

国を越えて、みんなで乗り越えていきたいものです!

 

 

 

 

こちらは、夫の足も手術から2ヶ月たち、

 

ほとんどよくなりました。

 

​今は、モコの散歩にも行っています。

 

 

 

 

 

 

今日、近所の「なばなの里」へ、チューリップを見に行きました。

 

ここなら車で15分、

 

人混みではないし、屋外だし、他の人との距離も取れます。

 

でも残念ながら、犬は入れないのです⤵

 

 

今が見頃、何といっても気分転換になりました‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by steinway

ピアノが帰ってきた!

 

今日、オーバーホールしたピアノが帰ってきました。

 

 

うちにある3台のピアノ、

 

これで、2016年から今までかけて、

 

3台ともオーバーホールが終わりました❕

 

 

 

今回のピアノは、音大時代から使っているものです。

 

昨年12月から東京でオーバーホールをしてもらっていたのです。

 

 

 

 

今日は、みぞれが降る、冬に逆戻りしたようなお天気。

 

寒いトラックにいたピアノを、

 

急に部屋の暖かい空気に触れさせるとコンディションが悪くなるため、

 

午後から部屋の暖房を切って準備していました。

 

 

 

午後4時頃、来た来た ❣

 

ピアノが運び込まれました。

 

毎回、ピアノの運び込みを見ると、ハラハラして、とても疲れます。

 

今日はピアノのふたを開けずに、徐々に部屋の温度に慣れさせます。

 

 

 

長旅、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

モコと記念撮影 ❣

 

 

 

 

 

 

 

モコはこれまでに、

 

何度もオーバーホールしたピアノと記念撮影をしてきたので、

 

余裕のこのポーズ❣

 

慣れたものです‼

 

ピアノの宣伝に使えそう?

 

 

 

 

 

photo by steinway

ひな祭り

 

またまた、ご無沙汰してしまいました!

 

 

コロナウィルス、心配ですね。

 

まさか、こんなことになるとは夢にも思ってなかったです。

 

皆さん、ご自愛くださいね。

 

 

 

さて、うちは 夫の足も順調に快方に向かっています。

 

ご心配をおかけしました。

 

 

 

 

今日は3月3日「ひな祭り」です。

 

 

 

 

 

 

7年前、モコの初節句に購入した「ちいさなお雛様」です。

 

貝合わせで、我が家にぴったりでしょう❓

 

 

 

 

 

 

まずは記念撮影❕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の箱には、お菓子が入っています。

 

それをじっと見つめているモコ。

 

よだれが垂れそう〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃ではなく、梅です。

 

今年は例年より しっかり咲いていますね。

 

 

 

 

photo by steinway

ちょっぴり我慢のモコ

 

2月に入り、モコはご機嫌ななめです。

 

というのも、夫が足の手術で入院したので、

 

私は慌ただしい日々を送っていました。

 

モコはその間、昼間は一人ぼっちでお留守番でした。

 

夜、私が帰宅するとクンクンと私の匂いを嗅いで、

 

たぶん病院の匂いがするのでしょう、

 

少しよそよそしいのです。

 

 

 

 


 

 

 

 

手術は無事に終わり、夫は元気にしているので、

 

ご安心ください!

 

 

 

 

 

 

そして今日、鈴鹿サービスエリアのドッグランでは…

 

 

モコは固まってしまいました❕

 

 

 

下の写真、3本脚で立っています。

 

この姿勢をずっと続けているのですよ。

 

 

 

モコは、脚の裏が敏感で、人工芝が不快なのです。

 

他の犬は平気で遊んでいるのに…

 

困ったような顔をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると、人工芝のない所を、ぼつぼつ歩いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モコ : やっと4本脚で立てるようになったけど、

 

   まだ、足の裏がチクチクして変なのよ。

 

   あの子たち、怖そう〜

 

            

 

 

 

 

他の犬が寄ってきても、おじけづいて、

 

困った顔をしていました。

 

 

最近のモコ、ちょっと面白くありません。

 

 

 

 

photo by steinway

ゲーテ(ドイツ語学校)のクラスメート

 

ご無沙汰してしまいました!

 

皆さん、お元気ですか?

 

 

私は例年、1月中旬から何となくやる気がでなくて、

 

冬眠状態になります。

 

今年もそんな状態が続いています…

 

 

 

テレビでは、中国での新型コロナウイルスによる肺炎のニュース…

 

不安です。

 

早く収束に向かってほしいですね。

 

 

 

 

 

そんな中、ちょっと楽しい出来事がありました。

 

ドイツからの一通の手紙、

 

昨年  ハンブルクのゲーテで知り合ったクラスメート、

 

アグスティンからです‼

 

 

 

 

 

 

私は、昨夏、ゲーテで4週間のドイツ語集中コースを受けました。

 

そのクラスは難易度が高く、とても大変でした。

 

彼はアルゼンチン人で、30歳くらいの整形外科医、

 

以前彼のことをこのブログにアップしたことがあります。

 

 

 

授業中も休み時間もみんなに温かく、

 

ドロップアウトしそうな私を 助けてくれたりと、

 

とても人徳のある人だと思いました。
 

 

 

 

彼の記事はこちら。

    ↓

http://kazue-harada.com/?eid=444

 

 

 

私がハンブルクから日本に帰国する前日、

 

彼(と彼女)の家にお茶におよばれしたりと、

 

ゲーテが終了してからも、親しくしていました。

 

私は彼のような素敵な人が、どのような人生を歩むのか

 

とても興味を持ったのです。

 

世代の違う友人です。

 

このような友人って、日本ではむつかしいですよね?

 

 

 

 

 

その彼が、「彼女と2月に日本旅行をするので、

 

もしよかったら  貴女を訪問したいんだけど、いかがですか?」

 

と聞いてきたのです。

 

 

 

何度かメールでやりとりして、お互いの日程調整はうまく行きました❣

 

 

 

彼らは、日本旅行の前に、少し中国に立ち寄るつもりだったのですが、

 

新型コロナウイルスによる肺炎が広がっているので、

 

急遽、ドイツから直接  日本に来ることになりました。

 

こうなってくると、今回の新型肺炎、とても近くに感じます。

 

それに、空港って怖いですよね。

 

 

彼らが無事に来れますように…

 

 

私も夫も(モコも)楽しみにしています‼

 

 

 

 

 

 

 

photo by steinway

やきものの街「常滑」

 

この3連休、妹が飼い犬ショコラを連れて遊びに来ました。

 

モコとショコラ、久しぶりの再会に

 

従妹のようにはしゃぎまわって、騒々しい!

 

 

 

 

次の日、常滑にあるINAXライブミュージアムに出かけました。

 

 

常滑と言えば、やきものですよね?

 

 

常滑焼の歴史は古く、平安時代の後期にさかのぼるもので、

 

日本六古窯の一つです。

 

 

 

 

今回行ったINAXライブミュージアムは、

 

常滑焼の作品というより

 

日本の近代化におけるやきものの役割に焦点があてられたものです。

 

2016年から3年かけて修復し、

 

2019年10月にリニューアルオープンしました。

 

 

 

「窯のある広場・資料館」では、国登録有形文化財の

 

大正時代の窯と建物、煙突が公開されています。

 

この煙突と右の黒い建物は地下でつながっています。

 

黒い建物の中に大きな窯があるのです。

 

 

 

 

 

 

当時、ここでは土管が焼かれていました。

 

土管は、用水路などになくてはならないものですよね。

 

常滑と言えば土管、土管と言えば常滑だったそうです!

 

日本の近代化に貢献した土管、この展示や映像は

 

よくできていて、う〜ん、とうなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

窯の中。

 

この中で土管がやかれました。

 

最高で1,050℃にもなり、当時これに携わった人々は大変だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石炭を入れ燃やします。

 

 

 

 

 

 

 

 

窯全体を2階から撮ったもの。

 

とても大きいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は同じ敷地内にある「世界のタイル博物館」に行きました。

 

建物手前の親子のデザイン、面白いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紀元前から近代までの、世界の装飾タイル約1,000点を展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

階段も、凝っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中の地域のタイル、1000点、本当にたくさんです!!

 

 

 

 

イギリスのヴィクトリアン・タイル(1830〜1910)。

 

産業革命によって中産階級が富を得て、

 

タイルを豊かに使い始めます。

 

アールヌーボウ様式を取り入れた彩り豊かな図柄で、

 

公共の建物から市民の住宅まで広く使われるようになりました。

 

今、私達が室内を美しく装飾することは、この時代に始まったのです。

 

 

 

 

 

 

 

その次に行った「土・どろんこ館」で、

 

面白いものを見つけました。

 

洋食器で有名な食器メーカーも

 

19世紀にはデザイン性豊かなタイルを作っていたのです!

 

 

下の写真、上から「ミントン」、「ビレロイ&ボッホ」、

 

「ウエッジウッド」が製造したタイルです。

 

他に、ウイリアムモリスのデザインのタイルもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのトイレの洗面所、いい感じでしょ?

 

トイレは、INAX製品でした❕

 

 

 

 

 

 

 

土に水を加えて形を作り、

 

それに火を通すことでやきものになる。

 

タイルになったり、食器になったり…

 

それは、私達の暮らしを本当に豊かにしてきたのですね❕

 

 

 

 

 

今回行く前は、INAXのミュージアム⁈と思っていましたが、

 

実際行ってみると、

 

やきものにたずさわってきた人々の想いに触れることができる、

 

一味ちがったミュージアムでした。

 

 

 

展示の解説も短くすっきりとしていて、わかりやすかったです。

 

 

 

 

photo by steinway

せっけん

 

お正月に、作家小川糸さんの新刊

 

「ライオンのおやつ」を読みました。

 

小川糸さんとは2016年ベルリンで知り合ってから

 

のお付き合いです。

 

この本は瀬戸内海の島にあるホスピス・ライオンが舞台です。

 

そのライオンでは、人生最後のおやつをリクエストできます。

 

 

 

「人生最後に食べたいおやつは何ですか?」

 

 

う〜ん、

 

 

 

皆さんは、何が食べたいですか?

 

 

私はシュークリームかなぁ?

 

 

 

若いころ、お菓子作りにはまった時期があり、

 

カスタードクリームいっぱいのシュークリームをほおばると

 

夢が広がって幸せな気分になったものです。

 

 

そんなことを思い出していたら…

 

 

急に趣味の「せっけん作り」のことが頭をよぎりました。

 

 

 

なぜ、シュークリームからせっけん⁉

 

 

 

それは、せっけんを作る過程にあるのですが…

 

 

 

 

 

 

 

よし、「マルセイユせっけん」を作ろう‼

 

 

むくむくとやる気が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 ,泙魂彑ソーダをはかります。

 

  苛性ソーダは危険(劇薬指定)なので、慎重に…

 

 

 

 

 

 

 

 

◆\裟戎紊法⊂紊硫彑ソーダを入れ、38℃〜42℃になるように、

 

  さまします。

 

 

 

 

 

 

 

 鍋にオリーブオイル、パームオイル、ココナッツオイル

 

  を合わせ、38℃〜42℃になるように湯煎にかけます。

 

 

 

 

 

 

 

ぁ´△鬮の湯煎したオイルに少しづつ加え

 

  飛び散らないように、約20分かき混ぜます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ァ^貳佞佑せます。

 

 

すると、カスタードクリーム(下の写真)のようになります‼

 

これ、本当のカスタードクリームとそっくりだと思いませんか?

 

私はいつも、美味しそうだなぁ、と思い、

 

ペロッと舐めてみたい衝動にかられますが、絶対に食べられない!

 

 

ということで、シュークリームからせっけんを連想したのです❕❕

 

 

こんなに柔らかいものが、せっけんに変身していく…

 

わくわくします。

 

 

 

 

 

 

 

 

Α〕儖佞靴慎軻パックに入れます。

  

  それを発泡スチロールの大きな容器の中で、

 

  ふたをして一晩寝かせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

─,擦辰韻鵑しっかり固まってきたら、切り分けます。

 

  私が使っているのは、ドイツの「チーズ切り」です。

 

 

 

 

 

 

 

 並べて、出来上がり。

 

でも、4週間は、このままで熟成させないといけません。

 

4週間後が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

せっけん作りが趣味になって、20年くらいたちます。

 

このところ忙しくてずっとお休みしていましたが、

 

2020年は、「ライオンのおやつ」と「せっけん」で、

 

スタートしました❣

 

 

 

 

photo by steinway

2020年 お正月

 

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

皆さん、お正月はいかがお過ごしですか?

 

私は、元日、2日は家でゆっくりしました。

 

 

そして今日、3日は初詣に出かけました。

 

行き先は、一昨年からお参りしている「津島神社」です。

 

この神社は、犬もお参りできるのでモコも一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋台の、トルネード(竜巻)ポテト。

 

ポテトがずっとつながっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今年は、「津島神社」を参拝した後、

 

桑名の「春日神社」にもお参りしました。

 

小さく真ん中にいるのが、私とモコ。

 

 

 

 

 

 

 

 

きちんとした、たたずまいの神社です。

 

 

神社で働いている人達が、「おめでとうございます!」と

 

あいさつを交わしてくれます。

 

お正月の空気を運んでもらったようで、いい気持ちでした。

 

 

 

ここも、モコを抱っこして入れました❣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユネスコ無形文化遺産に登録されている桑名石取祭は、

 

毎年8月の第1日曜日とその前日に、

 

ここ春日神社とその周辺で開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ガラッと雰囲気は変わって…

 

イギリスの義姉、純子さんからWhats Appで、明るい写真が届きました。

 

お正月は家族でテネリフェ島で過ごしているそうです。

 

テネリフェ島は大西洋、モロッコ沖にあるスペイン領の島です。

 

今、気温は23℃くらいで暖かいとのこと。

 

多くのイギリス人はクリスマス休暇を暖かい所で過ごすそうです。

 

 

こういうのも、いいですね❕

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by steinway
1 / 41 >>

このページの先頭へ