ベルリン滞在 その2 ベルリンのホテル

 

ベルリンで泊まったイビスホテル(ibis Styles Hotel Berlin Mitte)、

 

斬新で楽しくてベルリンらしいホテルのお話です。

 

 

 

 

絨毯に足跡の模様がついています。

 

(写真では暗くなっていますが、実際はもう少し明るい。)

 

 

 

 

 

 

客室の表示も楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

部屋の中は、まるでIKEAの展示場のような感じ。

 

狭い空間を斬新に使っています。

 

洗面所とシャワー室がベットの側から見えるのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、どのホテルにもあるはずの机がなく、簡素化されています。

 

確かに旅行客にとっては、パソコンができるくらいでよいのかも…

 

 

 

 

 

 

この日、私は一軒のトルコの雑貨屋さんで直径8cmくらいの

 

手書き模様の入れ物を購入しました。

 

お店の女性が、「この模様はチューリップなの。

 

チューリップはオスマントルコ帝国の宮廷で大事に育てられていた花で、

 

それがオランダにも広まったの。

 

チューリップの花がトルコのターバンに似ていることから

 

チュルクリップ(トルコの帽子)と呼ばれるようになったのよ。」

 

と教えてくれました。

 

 

「ふ〜ン、そうか」と思ってホテルに帰ってきたのです。

 

 

 

 

 

 

何気なく部屋の壁を見ていると…

 

あれっ、この模様もオスマントルコのチューリップ!!

 

 

 

 

ということは、このホテルの内装はこれをモチーフにしているんだ!!

 

小さな楽しい発見でした!

 

 

 

 

 

 

photo by steinway
<< ベルリン滞在 その1 ビアガーデンにて | main | ベルリン滞在 その3 お勧めのドイツレストラン >>

このページの先頭へ