ミュンヘン市立図書館

 

ミュンヘンを代表する複合文化施設「ガスタイク」、

 

20年前に、とてもモダンな施設として建てられました。

 

 

 

ガスタイクには、フィルハーモニーホール、カール・オルフホール、

 

音楽学校、市立図書館などが入っています。

 

中でもフィルハーモニーホールは素晴らしいらしいのですが、

 

あいにく今は夏休み、残念です。

 

 

 

このガスタイク、私の家から徒歩10分の所にあるのですよ!

 

今回は、とても便利な所に住んでいます。

 

 

 

 

今日は、時々行っている市立図書館についてお話しますね。

 

ガスタイクの建物の中です。

 

このエスカレーターを上がって右に図書館があります。

 

左がコンサートホールなどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館の入り口。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると、地下から4階まで大きな空間です!

 

地階はCD・DVDなどのコーナーで、

 

申し込めば、何人かで映画鑑賞もできます。

 

 

 

 

 

 

 

手前に写っている机のように、至る所で、

 

本を読んだりパソコンを使用したりできます。

 

 

「図書館見学」という催しがゲーテであり、ここを知りました。

 

ここは、市民に向けて開かれた図書館なので、

 

外国人でもだれでも利用できます。

 

係りの人のお話では、「こんなに自由に利用できると、

 

本が盗まれたりするのでは…という不安もありますが、

 

みんなに文化的な生活をしてもらおうということで、やっています。

 

大学図書館は、だれでも中に入れるわけではありませんが、

 

ここは大丈夫です。」とのこと。

 

 

 

ビックリするくらいの蔵書の数です。

 

世界の本が集まっている…

 

 

 

 

 

 

 

 

雑誌のコーナー。

 

ここでは、ゆったりした時間が流れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、私は…

 

少しだけ、個室で日本にメールを書いたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by steinway
<< ニンフェンブルク城 | main | ミヒャエル・エンデ博物館 >>

このページの先頭へ