ビルギットさんのワークショップ

 

先日の北海道の地震、こちらでも報道されているので

 

みんなから心配ですね、と声をかけられます。

 

本当に、災害列島日本ですね。

 

早く復旧が進むことを祈るばかりです。

 

 

私は、9月6日から4泊5日で、

 

ラウインゲンという小さな町に行き、

 

ビルギットさんのワークショップを聴講しました。

 

今日は、そのお話です。

 

 

 

 

 

ラウインゲンはアウグスブルクの近くにあります。

 

戦災を免れたので、古い町並みが、そのまま残っています。

 

小さな町にいくつかホテルがあり、

 

私の泊まっていたホテルも賑わっていることから、

 

ドイツ人が訪れる町なのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市役所。

 

 

 

 

 

 

 

 

市役所の中にこんな美しいサロンがあるなんて!

 

ブリュートナーのピアノで、1890年代に製造されたものです。

 

オーバーホールして、しっかりコンサート用のピアノになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

ここで6日夜、ビルギットのオープニングコンサートがありました。

 

構えないで自然体、素敵なコンサートでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークショップの会場の建物。

 

ワークショップには、様々な年齢、実力の人が参加していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドナウ川湖畔のラウインゲンの街並み。

 

私の宿泊していたホテルから、散歩道が続いていて

 

その道をサイクリングしたり、ドナウ川でボートを漕いだりと、

 

みんな自然を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

実は3日目、私は喉から耳にかけて鋭い痛みが走るので、

 

ホテルで休んでいました。

 

その時、気分転換にドナウ川湖畔を散歩したのです!

 

 

 

 

最終日、ワークショップ参加者の終了演奏会も市役所のサロンであり、

 

良い雰囲気の中で、音楽を楽しみました

 

 

 

 

 

photo by steinway
<< レーゲンスブルク | main | 帰国しました! >>

このページの先頭へ