ならまち

 

妹の運転で奈良に行きました。

 

宝塚から奈良まで1時間15分くらいで行けます。

 

 

 

有名な、奈良公園

 

小学校の遠足でも、何度か訪れ、私たちには馴染みのところ。

 

この日は平日ということもあって、のんびりムード。

 

 

 

 

 

 

 

奈良公園に続いている興福寺(国宝)。

 

興福寺の敷地はとても広く、その中に、次の建物があります(下の4枚の写真)。

 

まずは、東金堂五重塔

 

 

 

 

 

 

 

中金堂

 

写真では分かりにくいですが、とても広大で、

 

自由なおおらかな空気が流れていました。

 

 

 

 

 

 

 

南円堂

 

 

 

 

 

 

気の向くままに興福寺を歩いていると、

 

国宝館が出てきました。

 

予定にはなかったのですが、せっかくなので入ってみることに…

 

館内には旧食堂本尊の千手観音菩薩像(国宝)を中心に、

 

下のポスターの一番上の阿修羅像(国宝)など、

 

大変見ごたえのある展示でした。

 

約40分くらいで、ざっと見ることができます。

 

これは、お勧めです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国宝を堪能したあと、街を歩いていると、

 

威勢の良い掛け声に思わず足が止まりました!

 

 

 

 

 

もちろん、このつきたての草餅、いただきました!

 

柔らかくて、大満足。

 

 

 

 

そして、昼食後は、ならまちを散策。

 

ならまちとは、奈良の旧市街地、特に元興寺(国宝・世界文化遺産)の旧境内を

 

中心とした一帯を指します。

 

 

 

奈良時代に始まり、その後も発展を続け、

 

今では、住宅地に変わっていますが、

 

その街並みが残っている部分があります。

 

 

 

 

ならまち格子の家(江戸末期の町屋を再現)。

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま通りかかった御料神社

 

親近感があって、いい感じです!

 

 

 

 

 

 

このゆったりした空気感は、奈良独特のものでしょうね。

 

子供の頃は、そんなことまったく感じませんでした。

 

 

今度は、モコと来たいなぁ。

 

 

photo by steinway
<< 大事な枕 | main | ピアノの中に鉛筆を落とした!! >>

このページの先頭へ