第6回 フリューゲル・レクチャー

 

7月7日、フリューゲルザールで、

 

フリューゲル会員対象の「レクチャー」をしました。

 

最近、ここで、コンサートはよく開催していますが、

 

レクチャーは久しぶりです。

 

テーマは「フォイヒトヴァンガー先生のテクニックについて」。

 

(フォイヒトヴァンガー先生についての以前の記事)

       ↓

http://kazue-harada.com/?eid=242

 

http://kazue-harada.com/?eid=246

 

 

 

 

ピアノの位置を、レクチャーしやすいように移動しました。

 

この方向に置くのは初めてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに会った会員同士、話がはずみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「フォイヒトヴァンガー先生のテクニック」、

 

私の説明を、皆さん熱心に聴いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指の腹を使ったタッチについて、詳しく説明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間以上、しっかり勉強したあと、みんなでランチに行きました。

 

 

 

なばなの里のレストラン「マルセイユ」です❕

 

今までなかなか会員同士集まって食事をする機会がなかったので、

 

今回は、格別、楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

そして、食事の後は、ベゴニアガーデン(植物園)を散策しました。

 

 

 

 

 

 

 

私は50年以上もピアノを弾いてきて、その間に多くの人々と出会い、

 

さまざまな経験をしました。

 

 

 

時々「もしピアノをやっていなければ、今頃、どうしているのかなぁ」

 

と思うことがあります。

 

 

 

ピアノを弾く上での試練や苦労もありましたが、

 

それを超える喜びがありました。

 

私の宝物です。

 

 

 

最近、年齢を重ねるごとに音楽のすばらしさに気づき、

 

純粋な感動を覚えます。

 

それを、レクチャーやコンサートで皆さんと分かち合いたい、

 

という思いでいっぱいです!

 

 

 

 

 

 

photo by steinway
<< ドイツも猛暑 | main | モコとアジリティー >>

このページの先頭へ