モコとアジリティー

 

皆さん、アジリティーってご存知ですか?

 

そう、犬と人が組になって行う障害物競走です。

 

 

 

モコが生後6、7ヶ月の頃、

 

私とモコでアジリティーをやりたいなぁ、と思ったのです。

 

何といっても楽しそうだし、私の運動不足解消にもなるし…

 

 

 

当時モコは、すばしっこくて、結構何でもすぐに覚えるので、

 

いいんじゃないかと思ったのです。

 

 

 

そして、犬の訓練士さんの所で2回、レッスンを受けました。

 

ところが、モコは「こっちにおいで!」というと、来るときもあれば、

 

知らん顔してこないこともあるのです。

 

 

 

 

訓練士さんは、芸ができるより何よりも「来い!」が大事、とのこと。

 

危険がある時など、とっさに呼んでも来ないと危ないからです。

 

 

 

 

モコへの教え方を習い、家でやってみましたが、

 

 

 

 

どうもうまくできない…

 

 

 

ということで、

 

 

 

あっさりと

 

 

 

 

アジリティーはあきらめました。

 

 

 

 

 

 

それが今日、たまたまテレビで「アジリティー世界大会2018」

 

という番組をやっていたのです。

 

 

 

素晴らしいものでした❣

 

動画をご覧ください。

 

テレビをiPhoneで撮ったので、画像は荒いですが、

 

ドイツのハンドラーと犬のアジリティーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の動画にベルリンの湖で遊ぶ犬が出てきますが、

 

2016年のベルリン滞在の時、ここへはモコを連れて

 

よく出かけました。

 

 

ここでもモコは、水と大きな犬がこわくて、しり込みしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェコの女性ハンドラー、いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の動画は、私のお気に入りです‼

 

アジリティーの本当の素晴らしさに感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モコ : モコは、体育会系より文科系だもん。

 

   こんなにたくさんの犬がいる所は怖いし、

 

   ムッティ(母ちゃん)は喜んでみているけど、

 

   ちっとも面白くないよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by steinway
<< 第6回 フリューゲル・レクチャー | main | ドイツの年金事情 >>

このページの先頭へ