ペンケース

 

ゲーテの授業中のことです。

 

 

隣に座ったアルゼンチン出身の30歳くらいの男性(整形外科医)、

 

私のブルーのペンケース(下の写真右)が、立つのを見て、

 

「よくできている❕」と思い、

 

そのことをドイツ人の彼女に話したそうです。

 

 

すると、その彼女が写真左のグレーの立つペンケースを

 

プレゼントしてくれたのですって!

 

 

 

 

 

 

 

やはり日本の文房具はよくできています。

 

くるっと上の部分が開いて立つので、ペンが取り出しやすいです。

 

ドイツのペンケースは、上の部分を下にスライドさせるという

 

構造です。

 

 

 

 

 

 

 

みんな必死で勉強していても、こんな事を見ているんだなぁ、

 

と思うとほほえましかったです。

 

彼は、クラス一の秀才です。

 

きっと素敵な彼女なのでしょうね❣

 


 

 

 

 

photo by steinway
<< リューネブルクへの遠足 | main | ゲーテの広場 >>

このページの先頭へ