ベルリン旅行 その _鹽哨船腑灰譟璽

 

昨日、2019年11月9日、

 

ベルリンの東西の壁が崩れて30周年を迎えました。

 

 

ベルリンの友人からのメールでも、

 

ベルリンの盛り上がっている様子がうかがえます。

 

 

 

崩壊当時、東と西の格差がなくなるには、

 

分裂状態にあった年数以上はかかるだろう、と言われていました。

 

1961年に壁ができ、1989年に崩壊なので、28年間分裂状態でした。

 

それから昨日で30年経ったのですが、まだまだ格差はあり、

 

次の10年がどのように進展するか、です。

 

特に、ドイツ経済は悪化しているので、困ったことです。

 

 

 

壁が崩れた時、多くの優秀な若者が東から西へ出てきました。

 

現在、その人たちの中で、東の良さに気付き戻ってくる人々も多く、

 

そのことには希望を持てますね。

 

 

 

 

 

 

さて、私はこの夏のハンブルク滞在の最後に、

 

ベルリン旅行をしました。

 

2016年から1年半住んでいたベルリン。

 

ハンブルクから東へ列車で1時間40分、ベルリンに到着です。

 

結構近いです。

 

 

 

 

 

以前、良く通ったチョコレートのお店、

 

「ファスベンダー&ラウシュ」は改装されていて、

 

2階のカフェの一角が、

 

下の写真のようになっていました。

 

 

 

 

 

 

いろんな種類のチョコレートが、回転ずしのように、

 

出てくるのです❕

 

ドイツで、回転ずしが流行っていますが、

 

日本人は、回転チョコレートには結びつかないですよね❣

 

1つ、1.5ユーロ。

 

 

 

 

 


 

photo by steinway
<< ハンブルクの思い出 その 古〜いチェンバロ | main | ベルリン旅行 その◆_修されたベルリン国立歌劇場 >>

このページの先頭へ