モコの生い立ち その3 噛み癖

 

動物病院での出来事で目が覚めた私は、

 

モコをきちんとしつけようと、頑張りました。

 

犬の育て方の本を読んだり、DVDを見たりして

 

作戦を練りました!!

 

 

 

気に入らないとすぐ噛んでくるモコ。

 

犬のしつけ本には、

 

「噛み癖は、仔犬の時に止めさせないと、後々飼い主が困る。」

 

と書いてありました。

 

 

 

私は手袋を2枚はめて、モコが噛んできた瞬間に、

 

私の手をモコの口の中にぐっと押し込み、降参させる、

 

というのを実行することにしました!!

 

犬のしつけ本には、これを一回で成功させないと『効果なし❕』

 

と書いてあったのです。

 

こちらが怖気づいて緩くなって、何度もやることになると、

 

犬は平気になって、なめてくるからです。

 

 

 

 

一発勝負というのは、

 

まるでコンサートの本番のようなドキドキ感がありました。

 

 

 

 

私は、右手に手袋を2枚はめてモコに見られないように

 

平静を装っていました。

 

そこへ何も知らないモコは、いつも通り噛みついたのです❕

 

乳歯は、小さく先が尖っているので、とても痛いのですが、

 

手袋2枚のおかげで、さほど痛くもなく

 

私はモコの口の奥へ右手を突っ込みました⁉

 

自分がやられているような感じがして、冷や汗が出ました。

 

 

 

 

 

一発で決めました‼

 

モコが観念した瞬間の手の感じは、今でもはっきりと覚えています。

 

キィーと噛んでいたモコの口の力が急に抜け、負けた、

 

と思ったようでした。

 

 

 

それを境に、従順になり、

 

私が「ダメ」と言うと、噛まなくなりました。

 

この事件から、モコは私に一目置くようになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃のモコ、少々悪ガキの顔をしていると思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

つづく...

 

 

 

 

photo by steinway
<< モコの生い立ち その2 初めての動物病院 | main | モコの生い立ち その4 どんどん成長? >>

このページの先頭へ